更年期障害の原因とは?

 

 

 

個人差はありますが、40代前半から卵巣の機能が落ちはじめることで、エストロゲン(卵胞ホルモン)の分泌が減少していきます。

 

エストロゲンが少なくなると、ホルモンの分泌をコントロールする脳の視床下部は卵巣に対し多くのエストロゲンを分泌させようと命令を出します。

 

しかし、命令を出してもエストロゲンが分泌されないことによって、視床下部が混乱をしてしまうようです。

 

自律神経のコントロールも行っているのですが、視床下部が混乱することにより身体に幾つもの不調が見られることがあります。

 

しかし、更年期障害はあらゆる女性にもたらされるわけではなく、症状が軽い方もいれば重症の方もいると思えばまるで症状が出ないという方もいるのです。

 

また、20〜30代の若い人たちに起こる早発卵巣不全という状態になってしまうことで、更年期障害と似た様な症状がみられる可能性があるのです。

 

それらの予防策として、大豆イソフラボンやアミノ酸などの豊富な栄養素を効率よく摂り入れる事で、お悩みの軽減ができれば幸いです。

 

 

「エストロゲン」とは?

 

 

トップページに戻る

おすすめ