「イソフラボン」の過剰摂取による副作用

 

通常の食事から摂取するイソフラボンにはそれほど影響がみられてはいませんが、イソフラボンのみをサプリや健康食品でたくさん撮る事で、やはり悪い影響が出る可能性があります。

 

まず挙げられるのが、乳がんや子宮がんなどの発がんリスクが高くなるということです。

 

適正量のイソフラボンであれば問題ないものの、それ以上に摂取をしてしまうとにより、体内らが出るはずの女性ホルモンの分泌バランスを乱すことになってしまいます。

 

さらに、サプリメントなどによって大豆イソフラボンのみを過剰摂取することにより、月経の周期が乱れ、生理期間が長くなるなどの副作用が問題視されています。

 

その結果、ホルモンバランスが崩れ、がんの発症リスクを高めてしまうと言われています。

 

食品から摂り込む大豆イソフラボンに関しては、過剰摂取にあたる量は、1日150mg以上です。

 

それ以上摂取することはすすめられていませんので注意が必要です。

 

過剰摂取したからと言ってすぐどうにかなる事はありませんので過剰な心配は無用です。
長い期間摂り続ける事が危険なだけですので、そこは、サプリなら摂取量を把握しながら摂り入れることができて簡単で安心です。

 

大豆イソフラボンのサプリメントや特定保健用食品につきましては、服用に配慮することが重要であると考えられていますので、長期間の多量摂取には十分気をつけてください。

 

小さいお子様や、妊娠中の方の特定保健用食品やサプリメントの摂取は控えた方が良いと思います。

 

また、胃腸の調子を悪くする可能性もあるため、注意が必要になります。

 

ただし、過剰摂取をしたからといってすぐに健康に悪影響を及ぼすわけではありませんので、過度の心配はしないで下さい。

 

ただ、長期的に過剰な摂取をしないようにすることが大切なのだと心にとめておいてください。

 

トップページへ戻る

おすすめ