「ギャバ」の効果

 

ギャバ(GABA)という栄養素はアミノ酸の一つで、元々私達人の脳や脊髄などに多数あり残存する成分になります。

 

脳や脊髄などの器官は各種の情報の伝達や考え方に関する部分となりますので、ギャバ(GABA)はこれらの脳や脊髄の中に情報のやり取りの時に使用される大切な神経伝達物質としての働きを果しています。

 

ギャバ(GABA)は安定状態を伝える神経伝達物質と考えられており、精神を平常に保つストレスの緩和、リラックスをもたらすといった情緒の安定や神経を和らげる効果が期待できると考えられます。  

 

発芽玄米に数多く含有されている栄養分 ギャバ(GABA)という名でご存知の方が多いと思います。

 

ギャバ(GABA)の正式な名称とはγ-アミノ酪酸(ガンマあみのらくさん)といいます。

 

ギャバ(GABA)はからだによいと以前から述べらている玄米の中でも、ほんの少し発芽している、発芽玄米に多数含有されている栄養成分として、通常食べられている白米にも含まれているのですが、発芽玄米には白米の約10倍のギャバ(GABA)が含まれています。

 

ギャバ(GABA)については中性脂肪を減少する効果があるといわれていますが、これは、ギャバ(GABA)を摂取することによって、脳下垂体から成長ホルモンの分泌が促され、その影響を受けて脂質代謝が上がり、その結果脂肪がエネルギー消費を行いやすくなると言えます。

 

これらの効果がメタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)や、数多くある生活習慣病の原因の一つとされる肥満体質の予防解消に効果的であると言えます。

 

高血圧の予防や改善は、ギャバ(GABA)の摂取より血圧上昇を抑える効果を見せるのは、神経伝達物質であるギャバ(GABA)が血管の機能を調整して、自律神経の中心に作用する影響や、腎臓の機能を活動的にすることで、腎臓が血液中の塩分を減らす働きをアシストする事により利尿作用を促進すると考えられています。

そのようにギャバ(GABA)を摂ることから、高血圧の予防や改善の効果が期待されます。

 

 

ギャバ(GABA)を多く含む食材

 

Gギャバ(ABA)が多く含まれる食材は発芽玄米です。

 

同じ穀類である白米や玄米にも含有されていますが、発芽玄米の含有量にくらべて少ないです。

 

他の食材としては、ぬか漬け・キムチ・納豆といった発酵食品や、カカオ類にギャバ(GABA)が含まれた(チョコレートやココア)を意識して食べることにより、ギャバを(GABA)効率よく摂取することも可能になりますが、やはり、サプリメントで補給された方がより簡単で効率よく摂取する事が可能になります。

 

 

「イソフラボン」の効果とは?

 

 

トップページに戻る

おすすめ