1日に、どれくらい摂取すれば?

 

食品安全委員会が設定しているイソフラボンの目安摂取量は、「1日約75mg」です。

 

これは、豆腐約1丁分、納豆であれば2パックほどの量に相当します。

 

しかし、あまりに多い量を摂取すると、体に悪影響を及ぼす可能性があります。

 

まず挙げられるのが、イソフラボンの副作用でも書いてあるのですが、乳がんや子宮がんなどの発がんリスクが高くなるということです。

 

適正量のイソフラボンであれば問題ないものの、それ以上に摂取をしてしまうと、女性ホルモンの分泌のバランスを乱すことになります。

 

その結果、ホルモンバランスが崩れ、がんの発症リスクを高めてしまうのです。

 

また、胃腸の調子を悪くする可能性もあるため、注意が必要になります。

 

ただし、過剰摂取をしたからといってすぐに健康に悪影響を及ぼすわけではありません。

 

そのため、長期的に過剰な摂取をしないようにすることが大切です。

 

日本人の多くは、普段の食事でイソフラボンはある程度摂取できているようでが、足りない分はサプリなどで補給したほうがどのくらい摂取できたのかを把握することがが出来きますし、手間をかけずに安心して摂取する量を調整することができます。

 

Web限定30%OFF!女性にうれしい やわたのイソフラボン&ファイバー

 

トップページへ戻る

おすすめ