フェニルアラニンとは?

 

フェニルアラニンというのは、タンパク質を構成するアミノ酸の一つで肉、魚、卵、乳製品に数多く含有されています。

 

フェニルアラニンはL-フェニルアラニンDL-フェニルアラニンの2種類がありまして、一般的に、フェニルアラニンはL-フェニルアラニンを指します。

 

いずれもよく似た呼び方なのですが、効果や特性は異なります。

 

フェニルアラニンはアミノ酸になりますので、動物性タンパク質や植物性タンパク質をバランスよく摂取していれば不足することはないと思われます。

 

サプリメントを利用していて、アミノ酸だけを集中的に摂り入れた場合、より多くの効果が期待されます。

 

これはフェニルアラニンだけに限られたことではなく、その他のアミノ酸にも当てはまります。

 

フェニルアラニンは脳内の神経伝達物質を生成するために重要なアミノ酸です。

 

フェニルアラニンは脳において、ドーパミンやノルエピネフリンなどといった神経伝達物質に変換されるのです。

 

そのような神経伝達物質は精神活動に影響を及ぼし、神経伝達物質のバランスが失われると、うつなどの要因になると言われています。

 

実際、フェニルアラニンというのは、アルコールの禁断症状軽減や軽いうつに使われる場合があります。

 

気が滅入ったり、塞ぎこむ事は誰にでもあることなのですが、極めて長い間苦しい思いをしていると深刻な問題になると思います。

 

心療内科に通いたくない場合や、抗うつ剤に抵抗感がある人でしたら、フェニルアラニンを試してみる価値があります。

 

同様のアミノ酸と言えるチロシン、亜麻仁油、ビタミンB群、ビタミンC、ビタミンE、カルシウム、マグネシウム、EPA、DHAは精神の安定に欠かせない栄養素になります。

 

このような栄養素をきちんと摂ることでも精神的に役立でしょう。

 

 

フェニルアラニンの効果>

 

「記憶力を鍛える」「ダイエットする際の空腹感を抑制する」「うつの症状を和らげる」「不安感や緊張感を軽くする」などの効果があげられます。

 

 

フェニルアラニンの作用

 

項うつ病、注意欠陥多動性障害(ADHD)、パーキンソン病、アルコール禁断症状、白斑といった皮膚疾患に用いられます。

 

 

フェニルアラニンの副作用と安全性

 

フェニルアラニンは、ほとんどの方に安全です。

 

 

フェニルアラニン摂取で注意したい事

 

妊娠中や母乳での授乳・妊娠中に大量のフェニルアラニンを摂ることにより、先天性欠陥が生じる原因になる危険性が生じる事があります。

 

食品に含まれている程度のフェニルアラニンでは、問題ないのですが、フェニルアラニンサプリの使用は避けることをおすすめします。

 

母乳での授乳におけるフェニルアラニンの使用に関しては、十分に認知されていないようですので、念のために利用しない方が良いと思います。

 

 

フェニルケトン尿症

 

フェニルケトン尿症とされる場合は、フェニルアラニンを利用しないでください。

 

フェニルアラニンはフェニルケトン尿症が悪化し、高血圧をはじめとしたとても危険な症状が発症することが想定されます。

 

フェニルアラニンは血圧を上げる可能性があります

 

高血圧の方は、フェニルアラニンを摂らないようにするか、細心の注意を払って摂取してください。

 

精神疾患精神疾患で抗うつ薬というものを服用している方は、フェニルアラニンが影響を与えている可能性があります

 

このような時は、フェニルアラニンを利用しないでください。

 

 

トップページに戻る

おすすめ