大豆レシチンの効果について?

 

大豆が原料の大豆レシチンには、大豆サポニンやタンパク質が豊富に温まれています。

 

血液中にある程度長く滞在してくれることにより、高血圧や脳卒中、動脈硬化など、これらの予防改善が期待されています。

 

しかも、それだけではなくて、がんの予防や美肌効果などの体の総合的な健康促進を目的の方には、おすすめの成分となっています。

 

レシチンには、体内の働きを活発にし、ダメージを受けた皮膚を守る働きがありますので、肌質の改善にも効果が期待されていますから「美肌」に良いと言われています。

 

レシチンの中にコリンという成分が存在するのですが、これは肝機能の脂質代謝に必要とされていて、肝機能の保護の役割があります。

 

他には、酸素や栄養素を体内の細胞にしっかり送り込むことにより、体の中の不要なものを取り除くはたらきが、善玉コレステロールを増やしたり、代謝や脂肪代謝の促進などの効果が期待されています。

 

血糖値を低下させ内臓脂肪が溜まるのを抑えて肝硬変や脂肪肝の予防改善にレシチンのメリットがあるのです。

 

食品の表示にも良く「レシチン」や「乳化剤」などの表示がみられると思いますが、レシチンと、乳化剤は同じものになります。

 

そもそも、レシチン(乳化剤)には、水分と油分を乳化させる(全く異なる成分を合わせる)働きがあります。

 

なので、善玉コレステロールと悪玉コレステロールコレステロールのコントロールをする事が可能になりますので、コレステロールによる疾患から守ってくれる効果が期待されています。

 

 

トップページに戻る

おすすめ