大豆サポニンとは?

 

大豆サポニンはコレステロールを低くする機能を持っており、、動脈硬化症、脳血管障害に効果的な栄養素だと言われています。

 

大豆に含まれるえぐみ、 渋味、苦味のは、 過酸化脂質をなくし、老化・がん化・生活習慣病を抑制するための大豆の成分になります。

 

大豆をゆでると、鍋などの周りに吹き出る泡の中にもサポニンが含まれています。

 

コレステロール、中性脂肪を低くする不飽和脂肪酸は、長い時間、空気や日光などを浴びると過酸化脂質に変わってしまいます。

 

過酸化脂質は体の中で血栓を作ってしまう原因の一つとなり、動脈硬化が進むことで、臓器生体膜の機能を狂わせ、障害をおこすきっかけになります。

 

植物油においては不飽和脂肪酸が含有されていますが、大豆サポニンを加えて加熱すると、過酸化脂質の上昇は少しも見られません。

 

これらの事から、大豆サポニンは強い抗酸化作用があり、体内におきましても脂質の過酸化を抑えて、代謝を促すと言われております。

 

具体的に、高脂血症、動脈硬化症、高血圧症の患者さんに大豆サポニンを投与したところ、血中脂質の改善具合は、総コレステロールにおいては71%、中性脂肪でしたら88%になったとされており、大豆サポニンが血液中の脂質を下げる働きが見られることがわかっています。

 

飲酒しない方であっても肝臓障害がふえている様です

 

高い脂肪食などの摂り過ぎで過酸化脂質が増すことに影響があると思われます。

 

肝臓障害に大豆サポニンがおすすめなのは、過酸化脂質生成を抑えることにより、大豆のタンパク質が傷ついた肝細胞を再生する働きをするからだと考えられます。

 

がん、エイズウイルスに対する有効性に期待が持てる豆サポニンの一種に「抗変異原性」といって、細胞の突然変異を抑える働きを見せることがわかっており、抗発がん作用に期待が集っています。

 

そして大豆サポニンには、エイズウイルスの繁殖が抑制されたたといった実験報告もあって、調査の進展が期待されています。

 

大豆を食べることによって、血管の詰まりを防ぐことが出来ると言われていますので、普段の食生活においても、大豆を摂り入れた食事やサプリメントを摂ることをおすすめしています。

 

 

トップページに戻る

おすすめ