「必須アミノ酸」とは?

 

必須アミノ酸とは、タンパク質を構成している「20種類のアミノ酸」の中で、体の中では作ることのできない「9種類のアミノ酸」のことを言います。

 

食品から摂り入れる必要があるアミノ酸のことを言い、どれか1つでも不足する事になっても筋肉や血液、骨が作られることが出来なくなってしまします。

 

 

アミノ酸スコアとは?

 

アミノ酸スコアとは、体が必要とする必須アミノ酸を評価して数値化たもので、アミノ酸スコア100という食品は、9種類の必須アミノ酸がすべて100%以上含有されている理想的なアミノ酸組成を持つ食品の事を指します。

 

食品に含まれているアミノ酸スコアは、それぞれの食品によって異なります。

 

代表的なアミノ酸スコア100の食品としては、「鶏肉、牛乳、牛肉、豚肉、鮭」等が必須アミノ酸のスコアが100となっています。

 

必須アミノ酸は、摂取した内、最低限の摂取量しか活用されない性質があります。

 

例えば、アミノ酸スコアが68の「じゃがいも」は、ロイシンという必須アミノ酸が68%しか含まれていません。
(こうした最も含有量が少ない必須アミノ酸を「第一制限アミノ酸」と呼びます)

 

このため、じゃがいもでは、他のアミノ酸がいかに多く含まれていても、68%分しか活用できない為、必須アミノ酸を他の食品から摂取する必要があるということになります。

 

それぞれが、成長の促進や神経機能、代謝や抗うつなどの体内で固有の働きをするとても大切な栄養素が、必須アミノ酸になります。

 

 

トップページに戻る

おすすめ