「メチオニン」とは?

 

メチオニンとは、硫黄を含んだ含硫アミノ酸として、食品より摂り入れなければいけない必須アミノ酸になります。

 

鶏肉・牛肉・羊肉等の肉類、そしてマグロ、カツオ等の魚介類、牛乳やチーズ等の乳製品、豆腐・納豆等の豆類や加工食品、ナッツ類又は全粒小麦などに含有されています。

 

体内からは、アレルギーが発症するヒスタミンの血中濃度を低くする働きを担っています。

 

さらに、肝臓で毒素であったり老廃物の排除などの代謝を促し、脂質を乳化する効果も見られますしこれ以外に、うつ病や統合失調症に効果的であるとされています。

 

 

メチオニンは育毛や発毛にも効果が見込めます

 

メチオニンが不足してしまうことになれば、肝臓の機能が低下してしまうことで、血中コレステロールが上昇することにより、動脈硬化や抜け毛の症状がみられる場合があります。

 

それに、利尿能力が衰えることにより老廃物の蓄積が進んでしまうことで、むくみを生じさせるかもしれません。

 

メチオニンはアルコールの過剰摂取により、肝臓で大量消費されてしまうことになります。

 

肝臓内に入ってきた毒素や老廃物を取除き、血中コレステロール値をコントロールする働きを行っているからだと考えます。

 

しかも、アルコールの過剰摂取は髪に栄養素が届きづらくなりますから、摂取を控えることが大切です。

 

メチオニンを過剰に摂取することで、血液中のホモシステイン濃度を高くし、血中コレステロールの増加に影響される動脈硬化の発症を高めるリスクがあると言われています。

 

 

メチオニンを摂取する場合の注意点

 

メチオニンは、適切に経口摂取する時には安全性が示されています。

 

ところが、大量に摂取したケースでは危険性が仄めかされており、悪心、嘔吐、めまい、低血圧、興奮などの副作用が引き起こされる可能性があります。

 

そして、妊娠中や授乳中の安全性に関しましては確かめられていませんので、摂取しない事をおすすめします。

 

相互効果につきましては、肝機能障害を発症しているにも関わらずメチオニンの過剰摂取を行ってしまうと症状が悪化する可能性があり、統合失調症患者が多量摂取してしまうと、混乱やせん妄等の意識障害が生じる場合があると言われています。

 

これ以外のハーブやサプリメント、食品との相互効果に関しましては
豊富なデータがありませんが、過剰摂取、疾病並びに服薬という組み合わせにおいて、
副作用が見られる可能性がありますので、医師への相談をされてからの摂取をおすすめ致します。

 

 

トップページに戻る

おすすめ