「グルタミン」とは?

 

グルタミンは非必須アミノ酸(必須アミノ酸と異なり、体の中で生成できるアミノ酸です。

 

体の中で重大な役割を果たしているものがたくさんある体に多く含まれるアミノ酸になります。

 

その比率は、人間の骨格筋の遊離アミノ酸の実は約6割を独占しているのです。

 

グルタミンは、筋肉の増強や、筋肉疲労を回復など、運動する方であればなくてはならない効果が期待されますが、おなかの働きを支える働きもあって、医薬品として利用されているのです。

 

更に、現在の研究によると、アルコール代謝を促進する効果も見つかっており、サプリメントの中においてもとても高い注目を集めている話題の栄養素になります。

 

 

グルタミンの過剰症と欠乏症

 

グルタミンは体の中でも生み出す事ができますが、小麦粉や大豆、海藻類、肉、魚等の食材にも数多く含まれています。

 

しかし、グルタミンは加熱処理をすると変性しますので、サラダや刺身等生で食べることによって効率的に摂取可能となります。

 

しかも、グルタミンは過剰に摂り入れる事により、肝臓にダメージを与えるため1日40g以上摂取をするのは控えた方が良いようです。

 

腸の働きの手助けする

 

グルタミンは腸の修復を行なう事により、腸の働きを手伝う働きがあります。

 

腸管には栄養の吸収を担う「じゅう毛」と言われる突起があって、グルタミンはじゅう毛の栄養源となるのです。

 

腸管のじゅう毛は細胞分裂が活発になされており、新しいじゅう毛が相次いでつくられているのです。

 

古いじゅう毛が剥がれ落ちると、その下から新しいじゅう毛が出て来るというわけですが、こういった腸の働きによって、人は栄養を体の中にとり込んでいます。

 

ところが、抗ガン剤の投与等で、新しいじゅう毛が出た来ないと栄養を吸収できなくなっていくるのです。

 

グルタミンはじゅう毛の再構築を手伝う働きがあることから、抗ガン剤による治療を受けている患者等に投与されるのです。

 

抗ガン剤や細菌感染により、腸管が萎縮してしまうわけですが、グルタミンは萎縮した腸管を修復する働きもあるのです。

 

ほかにも、外科手術の後等に骨格筋にストックされてたグルタミンならば腸管に呼びかけ、腸管から体の中へバクテリアの侵入を抑える役割りをしていることがわかります。

 

そして、日常の食生活による過剰症の心配はほとんど見られず、経口摂取に関しましてはたいていは安全であるとされていますが、妊娠中や母乳授乳期の方は過度な利用を控えることが必要になります。

 

重篤な肝障害の方やグルタミン酸ナトリウムアレルギー、精神疾患やひきつけが発生する方は利用しないように注意してください。

 

しかし、グルタミンの不足が起きると、筋力低下や消化不良が生じやすくなることになります。

 

グルタミンとグルタミン酸の違い

 

グルタミンは、体の中でグルタミン酸とアンモニアに酵素が働くと合成されることになります。

 

グルタミンが腸の機能を手伝う一方で、グルタミン酸は脳機能を低下させるリスクのあるアンモニアを解毒して体の外に排出します。

 

非必須アミノ酸というのは、体の中で合成が可能なアミノ酸になります。

 

グリシン、アラニン、セリン、アスパラギン酸、グルタミン酸、アスパラギン、グルタミン、アルギニン、
システイン、チロシン、プロリン

 

 

トップページに戻る

おすすめ