「イソフラボン」とは?

イソフラボンはポリフェノールの一つで、葛や大豆などのマメ科の植物に含有されている成分になります。ところが、大豆イソフラボンは大豆の中にごく少量しか含まれておらず、大豆の総量約0.2〜0.4%程度の含有量にしか過ぎません。

 

イソフラボンの効果

 

イソフラボンには多くの種類がありますが、中でも大豆に含まれている大豆イソフラボンは女性ホルモン(エストロゲン)と同様の役割をすることによって女性の健康と美容に効果が得られるとされ、世の女性達から注目されています。もちろん、男性の加齢対策にも期待されています。

 


イソフラボンの効果・効能として取り上げられるのが、主に更年期障害における緩和の期待になります。

 

「更年期障害」の原因とは?

 

女性の更年期障害はエストロゲンの分泌が少なくなることでもたらされると言われています。

 

ところがイソフラボンはエストロゲンの分泌を促進する働きがあり、イラつきや不安感、頭痛といった更年期障害の特徴である症状を緩和することが期待されています。また、骨粗しょう症の予防にも期待されています。

 

エストロゲンの分泌量が減少すると、カルシウムを骨の中に蓄積させることが困難になことで骨が弱くなることによって、骨折などを起こしやすくなる骨粗しょう症の原因にもなっているのです。

 

ところが、イソフラボンは骨の中に存在するカルシウムが減少するのを防ぐ働きがありますので、骨粗しょう症の防止にもつながるだけではなく、美肌にも期待されています。

 

女性特有の体型は、エストロゲンの分泌が大きく影響していると言われています。

 

しかし、エストロゲンの分泌量が減少すると、肌のハリとうるおいを保持するために必要なコラーゲンとヒアルロン酸の生成量が落ちる事により「たるみ」や「しわ」などの肌の老化が進んでしまうことになります。

 

そこで、イソフラボンはエストロゲン同様の働きをすることから、肌の老化を防ぐための手助けをしてくれると言われています。

 

「エストロゲン」とは?

 

イソフラボンを多く含む食品

 

イソフラボンが多く含まれる食品は大豆製品が主体になりますが、良く知られているのが豆腐ですよね。

 

300g(1丁)当たりのイソフラボンが含まれる量は、絹ごし豆腐で約76mg、木綿豆腐で約84mgです。また、イソフラボンを摂り入れるには納豆もおすすめの食材で、納豆1パック(50g)当たり約40mgが含まれています。

 

そして、きな粉も代表的な大豆食品で、きな粉大さじ2杯(12g)相当のイソフラボン含有量は19mgとなっていることから、効果的にイソフラボンを摂れるのではないかと思います。

 

大豆飲料として一般的な豆乳もイソフラボンを多く含んでいます

 

1パック(200g)相当に含まれる量は、約41mgとされていますので、手軽に摂り入れることが出来ます。しかし、含有量が製造会社によって変わってくることから、栄養成分表示を確認してから摂取目安量を摂り入れるようにすると良いですね。

 

それから、厚揚げや油揚げ、味噌、醤油など大豆が使われた食品などにもイソフラボンは含まれていますので、日常生活でとても摂りやすい成分であることがわかりますよね。

 

イソフラボンが不足すると

 

イソフラボンが不足することで起きるのが女性ホルモンとなるエストロゲンの低下になりますが、これは女性に限ったことではなく、男性の体内にも存在するものですから、女性ホルモンが低下すると同様の症状が起きる可能性があります。

 

まず取り上げられるのが、肌の悩みや乾燥、しわやたるみなどといった肌の老化の心配です。

 

年齢を重ねるにつれてどうしても女性ホルモンは減少していくことにより肌に影響を及ぼしてしまうのですが、それ以外ですと、薄毛や抜け毛に影響が出てきます。

 

これは、加齢と共に個人差はありますが、毛髪になんらかの影響が出ることが考えられます。

 

とは言っても、女性ホルモンは髪の健康を保持することに必要なものでもありますが、年齢を重ねることで減少することは避けられず、イソフラボンが不足してしまうことで、毛髪にも悪影響が出る可能性があります。

 

さらに、精神的な面にも影響が出てくる可能性もあります。

 

例えば、イラつきや緊張状態、自律神経が乱れるといった症状が出てくることにより、結果として更年期障害を引き起こす可能性も考えられます。 ※個人差がありますので絶対ではありません。  

 

1日に、どれくらいイソフラボンを摂取すればいいの?

 

食品安全委員会が制定しているイソフラボンの目標摂取量は、「1日約75mg」になります。

 

これは、豆腐約1丁分、納豆であれば2パックくらいの量に相当するのですが、イソフラボンを摂り過ぎると体に悪影響が出る可能性も考えられます。

 

まず取りあげられるのが、乳がんや子宮がんなどの発がんの危険性が高くなる可能性があることです。

 

適量のイソフラボンでしたら問題ないとは言え、必要以上に大量摂取を続けると、本来体自身から出る
女性ホルモンの分泌を阻害することになってしまいます。

 

その結果、ホルモンバランスが崩れ、がんの発症の危険性を高めてしまうことになると言われています。
また、胃腸の調子を損ねる可能性もあることから、注意が必要です。

 

そこで、減少してきたイソフラボンの不足分を補うために摂り入れるといった考えが理想的といえます。

 

しかし、過剰摂取をしたからといって即座に健康に悪影響を与えるということにはなりませんので、長期的に過剰な摂取はしないようにすることが肝心になります。

 

多くの日本人は、通常の食事でイソフラボンを少量は摂取出来ていると思われます。
しかし、不足している分はサプリメントなどで適量を把握して摂取するのが簡単で安心だと思います。

どれだけ摂取したかを把握できる事は、過剰摂取防止のためは必要ではないでしょうか?
サプリメントや健康飲料などは、摂取量が容易に把握する事が出来るのでおすすめです。

 

Web限定30%OFF!女性にうれしい やわたのイソフラボン&ファイバー

おすすめ